物流倉庫での薬剤師求人に詳しくなろう

薬剤師が仕事を探すときには調剤薬局や病院、あるいはドラッグストアを候補として考えることが多いでしょう。このような現場以外にも薬剤師が必要とされているところがたくさんあるのを知っているでしょうか。その一つとしてよく挙げられているのが物流倉庫です。

この記事では物流倉庫の薬剤師求人についてどんな特徴があるのかを紹介します。

物流倉庫での薬剤師の業務

物流倉庫で働くときに薬剤師は何をするのかイメージできない人もいるでしょう。薬剤師といえば調剤をするものだというイメージを持っている人には考えられない選択肢かもしれません。

調剤業務は資格がなければできないという点に加えて、薬剤師の知識が役に立つという点で薬剤師の本領を生かせる仕事と考えられるでしょう。しかし、実際には資格だけ、知識だけがあれば十分で、それでもなお薬剤師を採用して働いて欲しいと考えている企業もたくさんあります。

その典型例の一つとなるのが物流会社における倉庫のスタッフで、管理薬剤師としての役割が求められています。どのような物流業者でも必要としているわけではなく、倉庫で在庫を管理していること、そしてその倉庫で管理薬剤師を置かなければならない商品を取り扱っている場合に薬剤師が必要になります。

典型的なのは医薬品で、品質を損なわないように正しい管理をするために管理薬剤師を置くことが義務付けられています。そのため、製薬メーカーや卸業者から医薬品の取り扱いを求められている物流業者が倉庫を使用する場合には管理薬剤師を確保しなければならないのです。

業務中は常駐させなければならないという点で必死に人材を探している企業も少なくはありません。実際に行う業務は医薬品などの適正管理です。医薬品の種類によってどのように保存しなければならないかが決まっているので、それに応じて仕分けをして適切な形で保管されているかを確認していきます。

医薬品には使用期限があり、納品先によって残存する使用期間がどのくらいなければならないかが決まっているのが通例です。それに応じて在庫のロスが少なくなるようにどこにどの医薬品を納品するかを仕分けしていくのも業務になります。

さらにもし品質に問題がある場合には返品を行い、在庫をさばけずに処分する場合には廃棄対応をするのも管理薬剤師の役割です。

確認すべき項目は明確なので未経験者でも比較的短期間で一人前に業務をこなせるようになります。

物流倉庫の勤務地の特徴

物流倉庫で働く管理薬剤師の特徴に関してまず把握しておきたいのが勤務地です。管理薬剤師は倉庫で管理業務を行わなければならないので、勤務地は倉庫のある場所になります。医薬品などを取り扱う物流業者は倉庫をどういうところに設置するかを知っているでしょうか。

物流のスピードを考えると交通の要所にあった方が良いと考えるのはもっともなことで、都市部の交通の便が良いところに倉庫があると考えるかもしれません。しかし、実際にはコストを削減することの方が重視されているため、地価が安いところに倉庫が置かれています。

地方の人があまり住んでいないような地域を選んでいることも多く、在庫の多さが求められる品物をたくさん扱っている物流業者ほど地価の安さを重視しているのが一般的です。そのため、物流倉庫で働く場合には勤務地が都市部ということはほとんどありません。

基本的には地方の人があまり住んでない場所になります。通勤しやすいかどうかを気にかけなければならないのは明らかでしょう。近くに住もうとしても賃貸物件がない場合もあるので、比較的近い都市で住居を借りるか、土地を買って建てることが必要なこともあります。

通勤するにもバスや電車が通っていないことも多く、マイカー通勤が基本になると考えておくのが良いでしょう。会社によっては社宅があって、社宅から通勤のための送迎バスを運行していることもあるので求人を選ぶときには念頭に置いておくのが賢明です。

物流倉庫の薬剤師求人の雇用形態

物流倉庫の管理薬剤師の求人では雇用形態はどうなっているのでしょうか。物流会社としては法律に定められた形で適正な管理をできる体制を整えれば良いだけなので、必ずしも正社員の薬剤師を管理薬剤師にして常駐させなければならないわけではありません。

会社によってどのような方針を持っているかは異なりますが、パートの薬剤師を複数集めて対応しているケースもしばしばあります。そのため、正社員で働きたい人も、パートで働ける範囲で仕事をしたい人も物流倉庫なら仕事を手に入れられる可能性があるでしょう。

物流倉庫で働くと得られる待遇

物流倉庫では薬剤師の待遇は良いのかと疑問になる人もいるでしょう。給料については調剤薬局やドラッグストア、病院などで働くのに比べるとかなり低めの水準です。正社員として長く働いていても年収が400万円台のことが多くなっています。

求人上も明記を避けていることがあるので相場を理解しておくのが大切です。ただ、働きやすさという点ではかなり魅力があるのが物流倉庫の求人で、週休完全二日制で有給消化率が高くなっています。また、残業ゼロという現場も多いので、仕事はほどほどにしてプライベートを充実させたい人にとって魅力的な仕事でしょう。

薬剤師は求人の選び方次第で年収1000万円を目指すことができるのか

物流倉庫で求められるスキル

薬剤師が物流倉庫で働くときにはどんなスキルが必要なのでしょうか。求人を見てみるとわかるのが特にスキルや経験を要求していないものがほとんどだということです。調剤や服薬指導をする必要はなく、医薬品の相互作用などについての知識がなくても問題はありません。

一般的に重視されているのは几帳面な性格があるかどうかで、正しい管理が常に行われている状況を作り出す責任者としての責任感があることも求められます。また、返品対応なども必要になることからビジネスマナーやコミュニケーションスキルを大切にして人材を採用しているケースも多くなっているのが特徴です。

物流倉庫なら地方で働きやすい

薬剤師が選べる職場の中で物流倉庫はやや特殊な性質があり、地方にしかほとんど職場がなくて車通勤が一般的になっています。調剤などの専門業務をするのではなく、倉庫に保管されている医薬品の適正管理をするのが業務です。

残業などがなくて働きやすい環境が整っているのが魅力なのでプライベートを重視したい人は求人を探してみましょう。