薬剤師は求人の選び方次第で年収1000万円を目指すことができるのか

年収1000万円の壁を超えたいというのは薬剤師に限らず、お金を稼げる人になりたいと考えている人がよく思い描く理想です。職種や業種などによって達成できるかどうかが大きく左右されますが、薬剤師の場合には達成可能なのでしょうか。

求人の選び方による影響も含めて、薬剤師が年収1000万円を目指せるかについて詳しく紹介します。

物流倉庫での薬剤師求人に詳しくなろう

薬剤師の基本的な年収事情

薬剤師が1000万円の年収を上げられるようになるかどうかを冷静に考える上で重要なのが基本的な年収事情について理解することです。医療系の職種は全体的に年収が高いことが知られていて、医師であれば年収1000万円を超えるのは難しいことではありません。

しかし、医師以外については年収1000万円の壁はかなり厚く、医師を除く医療スタッフの中でも給料が高い薬剤師であっても現場で働いている限りは到達することがほぼ不可能です。病院ではもともと医師が中心になって医療を提供するというシステムが作られてきていたため、医師が最も重要で他のスタッフはサポートをするという位置づけになっています。

そのため、給料は医師が飛び抜けて高く、他のスタッフは重要性に応じて高低の違いはあるにしても医師に比べて低めの給料とされているのが現状です。これはチーム医療が重視されるようになった現代でも違いはなく、医師が優位になっているのが実態です。

調剤薬局やドラッグストアは薬剤師が調剤や服薬指導、医薬品管理などの職能を発揮できる職場として典型的です。病院よりも調剤薬局やドラッグストアの方が一般的に年収が高いことが知られています。医師が中心になる現場ではなく、調剤ができる薬剤師が最も貴重な存在だと考えると高い待遇が与えられるのは明らかでしょう。

ただ、それでも年収は400万円~600万円台というのが一般的で、年収1000万円とは程遠くなっています。

平均年収で考えると薬剤師の収入はかなり高い水準にあるのは確かです。特に新卒で就職した頃や、その数年後までについては他の職種の人を凌駕している場合が多くなっています。しかし、40代くらいになると他の業界で働いている人に追い越されてしまっていることも多いのが実態です。

これはもともと薬剤師の給料は資格手当や時間外手当などによって補強されている部分が大きいのが原因です。さらに昇進がほとんどない専門職なので大幅な給料アップの機会がありません。そのため、わずかな年次昇給を受けられるだけで年収が伸び悩んでしまいがちなのです。

昇進を徹底的に目指せば年収1000万円は可能

このような年収事情を理解すると薬剤師が病院や調剤薬局やドラッグストアで働いていると年収1000万円は難しいということがわかるでしょう。ただ、本気で昇進を目指せば年収1000万円に到達できる可能性もないわけではありません。

病院の場合には薬剤師は昇進すると薬剤部長や副薬剤部長などになることができるでしょう。ただ、薬剤部長でも年収は800万円~900万円というのが一般的なので、1000万円の壁を超えるのは難しいのが実態です。

厳しい道のりではあるものの副病院長くらいまで昇進できれば1000万円を超える年収になれる可能性はあります。

調剤薬局では店長や薬局の責任者になったとしても1000万円に到達することはまずありません。ただ、大手の調剤薬局の場合には本社勤務になってグループの統括管理者などにまで昇進できれば1000万円クラスの年収になる可能性があります。

経営陣の中に入るのを目指すくらいの努力が必要になることは念頭に置いておきましょう。ドラッグストアの場合にも同様で店長やエリアマネージャーくらいでは1000万円にはなりません。グループ全体を見るマネジメント職を目指して昇進にこだわっていく必要があるのです。

副病院長やグループ全体のマネジメントをするようなポジションは求人がほとんど公開されていません。非公開求人の中から見つけられる可能性もあるため、マネジメント系専門の転職エージェントに登録して紹介してもらうのが賢明でしょう。

経験が十分にある薬剤師であればもしかすると推薦してもらうことができ、年収1000万円クラスで働けるようになるかもしれません。ただ、競争相手も多いということは頭の片隅に入れておき、何が自分の強みなのかを明確にアピールできるようにすることは必須です。

例外的なのは企業で働く薬剤師

医療に近い現場で働こうとすると年収1000万円に到達するのは難しいですが、企業で働く薬剤師になれば可能性は飛躍的に高まります。単純に考えてみてもわかりやすいことで、薬剤師が資格手当をもらえる企業であれば他の社員に比べたら年収は高くなるでしょう。

資格手当が月に5万円あったとすれば年収が60万円上がると考えられるので、平均年収が1000万円近い企業で働くと1000万円を超えられると期待できます。

企業でも1000万円は困難になりがち

実際問題としては薬剤師に手当を出していて、社員の平均年収が1000万円くらいあるような大企業はあまり多くはありません。可能性があるのは大手の製薬企業程度だと考えるのが妥当でしょう。製薬企業であれば管理職クラスになると一般的に1000万円近い年収になっています。

薬剤師に対する手当も数万円は出ている企業がほとんどなので、努力次第では年収1000万円に到達できるでしょう。

ただし、薬剤師だというだけであって他に取り柄も資格もないとなかなか1000万円には届きません。

博士を持っている研究職の人がプロジェクトリーダーになったり、営業成績が優秀だったMRが管理職に抜擢されたりしたというのが典型的なケースです。

大きな分野転換を狙うのも手段の一つ

年収の幅が広くて成果を上げれば年収が飛躍的に上がるような分野に転職するのも良い方法でしょう。ITコンサルタントは年収1000万円以上の人が大勢います。例えば医療系のシステムを取り扱っている企業に転職してITコンサルタントになれば年収1000万円を達成できる可能性があります。

今まで培ってきた人脈を使うと営業先も見つけやすく、大きな成功を遂げられると期待できるでしょう。

薬剤師でも年収1000万円の壁は厚い

薬剤師は他の職種に比べると年収が高めなのは確かですが、医療現場に近い職場では大きな昇給の機会が少ないので年収が1000万円に到達することはまずありません。昇進にこだわっていくか製薬企業で働くのが1000万円クラスの年収になるための数少ない道です。

あるいはITコンサルタントの求人を探して大きな分野転換をして稼ぐのも候補にできるでしょう。

詳細|APOPLUS薬剤師 > 薬剤師転職サイトhttps://apo-mjob.com/list/tokyo